FANDOM


Short story about Nishizawa and Takei during their time in Libau. Translation can be found here


「ぎ~んよくつらね~て~」

調子外れの歌を口ずさみ飛行しているのは、扶桑海軍リバウ遣欧艦隊所属の、西沢義子飛曹長。
「ちょっと義子、無線入ってるわよ」
注意を促したのは、同僚の竹井醇子少尉である。
「へ、あ、ほんとだ」
それ以上どうすると言うこともなく、西沢飛曹長は鼻歌に切り替えただけだった。こちらも調子外れで。
竹井「それで、目標は見えた?」
西沢「うん、もう見えてる」
リバウ軍港周辺の高地で発見された、中型の陸上ネウロイは、戦力としては大きなものではなかったものの、
地形上陸軍のウィッチが進出しづらく、近辺を飛行中であった西沢飛曹長に、目標の撃破が命じられたのだった。

緒戦で重要な都市部をいくつか失ったとはいえ、オラーシャの広大な国土の大部分は手つかずのままで、
飛曹長の眼下には、のどかとも言える丘陵地帯が広がっている。
竹井「下からみんな見てるそうだから、がんばってね」
どうやら、このネウロイの第一発見者である、近隣の観測所のことをいっているらしい。
西沢「ん~、了解」
飛曹長は背面降下から一直線に目標に向かう。
白い岩壁にへばりついた、クモのような姿のネウロイがみるみる近づいてくる。
ネウロイと高度を合わせると、機体を横にスライドさせながら、すれ違いざまにネウロイの脚を
射撃、たちまち二本を切断した。
バランスを崩し岩壁から崩れ落ちるネウロイが、無防備にコアのある胴体部をさらすと、
飛曹長は小さくロールし、正確にコアを打ち抜いた。降下を初めてわずか30秒、一航過中の出来事であった。
西沢「終わり~」
竹井「お疲れ様、下の人たちも大喜びよ。まるで妖精みたいだったって」
西沢「妖精。わはは、それほどでも」
竹井「少しサービスしてあげたら」
西沢「うん」
まだこちらを見ているであろう、観測所から確認しやすいように位置を取り、飛曹長は
大空にループを描く。始点と終点がぴったりと合わさった華麗な飛行に、ひときわ大きな賞賛の声が
地上から上がったのだった。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.